さて何を書きましょうかね?(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイゼットトラックのジャッキアップポイント

<<   作成日時 : 2016/04/13 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

走行距離が3,000kmを超えたので、タイヤローテーションをする事にしました。
ローテーション順は、スペアも含めてこんな感じ。
画像
スペア⇒右前⇒左後⇒左前⇒右後⇒スペアと言う感じです。

まずはスペアタイヤを外すために車載工具を出します。
画像
ジャッキ以外の車載工具は、グローブボックスの中。

ここからタイヤレンチを使ってスペアを外します。
画像
でも結構回しますよ、これ(;^_^A。
せっかく電動工具を持っているのだから、使った方が楽だったかも知れません。

まぁそんなこんなで外し終わりました。
画像
このスペアタイヤを右前に取り付けるためにジャッキを用意します。

ジャッキの場所は、よく言えば助手席の下。
変わって言えば、エンジンルームの中です。

まず準備として
画像
助手席についている「ヒモ」を出しておきます。

次に助手席前に付いているロックレバーを解除します。
画像


次に助手席右に付いているレバーを倒して
画像

助手席の背もたれを前に倒します。
画像

そうしたら助手席の座面ごと起こします。
画像

起こした座面にはフックが付いているので
画像
そのフックに先ほどの「ヒモ」を引っ掛けて固定します。

これでジャッキが見えてきました。
画像
ジャッキを緩めて、車体から取り外します。

(今回はジャッキアップがメインなので、取り外し方などは割愛します)

乗用車だと車体にジャッキアップポイントがあるのですが、軽トラの場合は違います。

前はサスペンションロワアーム部分にあります。
画像
前から見ると、中央にポッチが出た受け部分があります。
実際には後ろからジャッキを入れた方がやりやすいと思いますので
画像
参考までに写真を1枚。

このジャッキアップポイントに合うように、ジャッキを上げていきます。

そうしたらジャッキクランクバーで回すのですが、乗用車より奥の方で回すので
画像
ジャッキ側にカギフック、中間にネジ付きパイプ、後部に棒を差し込んで、中間パイプのネジを締めて延長棒の出来上がりです。

車体が軽いから良いですが
画像
これだけ長いと、ヨレて回しずらい感じがありますね。

先ほども書きましたが、詳細は割愛しますが
画像
画像
こんな感じに外れます。

こういう時に、手の届かない部分を掃除したり
画像
ディスクパッドの残量なんかをチェックしておくのも良いですね。

ちなみにスペアには、ホイールのセンターキャップが付いていませんので
画像
今回スペアに回してしまうホイールからキャップを取って
画像
今までスペアだったホイールに付けておいた方が良いかと思います。

リヤのジャッキポイントは、ホーシング部分で
画像
板バネを止めているUボルトの間です。
ここにジャッキが来るようにポッチが付いているので、フロントと同様に手で上げてからフックを使って上げていきます。
画像

これで順番にローテーションをしていきます。

ハイゼットトラックの場合、前後でタイヤの空気圧が違いますから、空気圧の調整も忘れずにです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイゼットトラックのジャッキアップポイント さて何を書きましょうかね?(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる